なぜWordPressのパーマリンク設定を変更する必要があるのか?

どうも、Gammy Design Works代表の石上です。

 

今回は、Wordpressにおけるパーマリンクについて、

自分なりに最近気を付けていることについて書いていこうと思います。

※過去の記事については修正が大変なのでそのままにしています…

 

 

パーマリンクとは?

そもそもパーマリンクをざっくりと説明すると、

「http://www.◯◯◯.com/permalink.html」←末尾の部分

といった感じで捉えてもらうとよいと思います。

 

HTMLのいわゆるホームページの場合は、

制作する時点で決めるのであまり気にしなくてもいいのですが、

この末尾の部分が、Wordpressの初期状態の場合、

/?p=123

といった感じの数字で表示されるのですが、

これが後々になると、効率が悪くなったり、

何よりSEO(検索エンジン最適化)にあまり良くなかったりします。

 

しかも後になってから変更すると、今までSNSやアメブロなどの、

外部から貼られたリンクと違うURLになるので、

アクセスすることができなくなるんですね。

 

なので、できればWordpressを解説してすぐに設定しておきたいところです。

※設定方法は後述します。

 

 

パーマリンクとSEO

SEOのガイドラインにおいて、パーマリンクは以下のような記述があります。

  • IDではなく、記事内容に沿った単語でシンプルにする
  • 誰が見ても直感的に理解できるものにする

といった感じで書かれています。

 

  • http://www.◯◯◯.com/?p=123
  • http://www.◯◯◯.com/wordpress-permalink

この二つで比べると、明らかに後者の方が「何についての記事か」ということが、

わかると思います。

 

前者でわかったら…あなたはエスパーですw

 

標準設定のデメリット

普通に日記として更新するのであればあまり関係ないのですが、

ビジネスとして運営した時に、標準設定のままだと後々困る事になるケースがあります。

 

 

例えばGoogle Analytics(アクセス解析)を分析した時に、

「どのキーワードで検索エンジンからのアクセスがあるのか?」

というのを追いかける際、余計な手間が増えてしまうんですね(^_^;)

 

この時のキーワードは「not provided」になります。

 

ある程度検索からのアクセスが増えてくると、

この「not provided」という項目がずば抜けて多くなります。

 

 

Google Analyticsでの表示

Google Analyticsにアクセスしていただき、

「集客」→「検索エンジン最適化」→「検索クエリ」の順で進みます。

スクリーンショット_2015-02-04_13_39_26

これが「not provided」の表示になります。

 

これだとどんなキーワードで来たのかわかりません。

 

となると、アクセス先のページから推測していくことになるので、

次はGoogleウェブマスターツールで確認することになります。

その理由はこちら→Googleウェブマスターツールの意外と知られていない使い方とは?

 

 

Googleウェブマスターツールの表示

Googleウェブマスターツールにアクセスしていただき、

「検索トラフィック」→「検索クエリ」と進んでいただき「上位のページ」タブを開きます。

スクリーンショット_2015-02-04_13_38_05

このページでは、検索した時の表示回数やクリック数などがわかるのですが、

過去のいい加減なパーマリンクのおかげで、何の記事かわかりません(^_^;)

 

なので、後々分析するときに手間が掛かってしまうことになります。

※事前に「Google Analytics」「Googleウェブマスターツール」の

設定が必要になります。

 

WordPressにおけるパーマリンクの設定

WordPressでは、記事を投稿すると自動的にパーマリンクが設定されるのですが、

その設定を、ある程度意味のあるパーマリンクにする設定する手順を解説します。

 

1.パーマリンク設定のページを表示する

左メニューの「設定」→「パーマリンク設定」をクリック。

スクリーンショット_2015-01-28_9_15_02

 

2.パーマリンクの設定

「カスタム構造」を選択し、「/%postname%」と入力する。

このコードは「何の記事か?」が一番わかりやすいであろう、「記事タイトル」が、

自動でパーマリンクになる設定です。

※1 画像には末尾に”/“が入ってしまっていますが、末尾の”/“は入れないでください(^_^;)
※2 末尾に「.html」入れる場合もありますが、そこは好みでお願いします。

スクリーンショット_2015-01-28_9_20_59

 

3.保存する

「変更を保存」をクリックして保存します。

スクリーンショット_2015-01-28_9_21_35

 

 

より「わかりやすいパーマリンク」の設定

パーマリンクを記事タイトルにすると、日本語表示のURLになります。

 

ブラウザによっては日本語で表示されるのでわかりやすくなるのですが、

検索結果やSNSなどでシェアした時に、日本語が記号になってしまうんです。

 

「http://gammy-designworks.biz/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%…」

 

これだと長くなりすぎて、何の記事かわからないので、

記事を書くときに手動で設定します。

 

この時の注意点は、先ほど書いたこの2点になります。

  • IDではなく、記事内容に沿った単語でシンプルにする
  • 誰が見ても直感的に理解できるものにする

 

手動での設定方法

1.投稿画面にて

投稿画面の上部「パーマリンク」の欄が日本語になっていますが、「編集」をクリックします。

全画面_2015_01_30_23_141

 

2.パーマリンクを変更する

任意の半角英数字を入力して、「OK」をクリックする。

投稿の編集_‹_がみたか_com_—_WordPress のコピー

 

これで上記の「直感的に記事の内容がわかるパーマリンク」の設定ができました。

 

 

まとめ

これは、はじめにも書きましたが、後から変更すると大変なので、

WordPressを始めてすぐ、もしくは記事数が少ない間に変更することをお勧めします。

 

では、今回はこの辺で!

この記事を書いた人

石上 貴哉
石上 貴哉Gammy Design Works代表
Webデザイン事業「Gammy Design Works」代表。
主にWordpressの構築や、ヘッダー画像などのWebデザインを行っています。
クライアントの魅力を引き出すデザインを心がけています^^

趣味はパソコン(Mac)読書(心屋仁之助)ギター(洋楽HR/HM、嵐)
車(スバル車)などです。

お気軽にFacebookやtwitterで絡んでくださいね^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


Posted in Wordpress, ブログ and tagged , .