WordPressの初心者にこそ知ってほしい3つのデメリット

 

どうも、Gammy Design Works代表の石上です。

 

これまでWordpressのメリットを散々書いてきたのですが、

当然デメリットも存在します。

 

確かに「完璧なもの」があれば、アメブロなんてとっくに無くなってるだろうし、

他のブログサービスもこぞって取り入れるでしょうねw

 

いろんな方のお話を聞いていると、 その傾向が見えてきたので、

代表的な3つのデメリットと、その解決法についてお話ししようと思います。

 

 

WordPressのデメリット3つ

WordPressを知っているが、導入するには気がひける…

そんな方達に共通して「壁」となっているのが、

  • コスト(ようするに無料じゃない)
  • 操作性(使い方がわからない)
  • セキュリティ(安全かどうか?)

この3つがWordpressの代表的なデメリットとして挙げることができます。

 

コストが掛かる(要するに無料じゃない)

はじめにWordpressというシステム自体は無料なんですが、システムだけでは使えませんw

 

それを使うには、事前に有料のレンタルサーバーとの契約が必要になるのですが、

その理由として、有料のレンタルサーバーにはWordpressというシステムを、

動かすための環境が一通り揃っている。

 

だから、レンタルサーバーの契約が必須になるんですね。

 

お値段にして、「約300円/月〜」ですが、安いところは安いなりの理由があるので、

僕はコストパフォーマンスが優れているこちらのサーバーをお勧めしています。


WordPressは「真っ白なキャンバス」

意を決してWordpressを始めた勇気ある人が、次に当たる壁ですw

 

このWordpressは「カスタマイズが自由自在」で間違い無いのですが、

自由すぎてなんにもないのがWordpressの標準なんですね(^_^;)

 

その時にわかりやすい解説もなく、「何から始めたらいいの?」というところで

挫折してしまう方も少なくはありません。

 

 

セキュリティの問題

普段日本のブログサービスを使っているだけではピンと来ないのですが、

WordPressは世界中で有名で、利用者数もアメブロの比ではありません。

 

これは日本国内に限らず、すべての人が純粋にブログを書いているわけではなく、

ハッキングして情報を盗み出そうとする人も少なからずいます。

 

それに対してセキュリティはどうなの?ってところに不安を持つ方もおられます。

 

コストに関する対策

先ほども書いたように、Wordpressは無料で使うことができません。

厳密に言うとレンタルサーバーの費用が必要になるんですね。

 

その費用は保険と思って支払い続けても構わないのですが、

そこも自由自在なWordpressなので、「ブログ自体で収益化する」という選択肢もあります。

 

ブログで収益化

あまりピンと来ないかもしれませんが、ブログで収益をあげる方法を行うことで、

コストを軽減することができます。

 

場合によってはそれを上回る収益を上げることも可能なんですね。

 

具体的には…

  • 自分のサービス・商品を売る
  • 広告を貼る(アフィリエイト)

になるのですが、アフィリエイトは一般的にあまり馴染みがないので、

それについて簡単に説明しますね^^

 

アフィリエイトとは

日本語で書くと「広告代理業」になり、あなたが貼り付けた広告を経由して商品が売れたら、

あなたに紹介料として売上のうちのいくらかが入る仕組みです。

 

ちなみにアメブロやGoogle、Yahooというのは、この広告報酬が収益の大半になります。

 

ここで初めて知って、Wordpressと同時にやってみようと思った時は、

はじめにこの2つから始めてみると良いでしょう。

  • A8.net

ちなみにこれも広告で、このバナーから無料登録すると僕に紹介料として500円入る仕組みで、

このサイトは基本的に商品が売れると報酬がもらえる「成果報酬型」となります。

 

こちらは先ほどのサイト(A8.net)と違い、広告のクリックに応じて報酬が入ったり、

Youtubeの投稿動画にも広告を載せることができます。

 

「1クリック◯◯円」と、表示される広告によってクリック単価が変わってきますが、

規約が厳しくブログ内容をよく把握しておかないと、すぐにペナルティを受けてしまい、

広告が表示されなくなります。

 

Youtubeは表示回数も関係あったと思いますが、アカウント停止を食らっているので、

Googleアドセンスはよくわかりませんw

 

 

これらを利用することで、サーバー、ドメインの利用料を賄うといった考え方ですね^^

 

 操作性に関する対策

具体的な操作…例えば投稿の仕方、グローバルメニューの作り方、サイドバーの設置など、

はじめにすることはかなりあります。

 

もしかするとそのあたりでわからなくなって挫折してしまうのかも?

 

WordPressの操作

インターネットで検索するという手もありますが、

はじめにこういった書籍で一通りの流れを見ておくと良いかもしれませんね^^

はじめての簡単 WordPress入門「決定版」 (BASIC MASTER SERIES)

新品価格
¥1,620から
(2015/1/26 11:34時点)

ちなみにこの本はレビューを読んでもらうとわかるように、

これから始める人にはぴったりだそうですw

 

プラグインのインストール

WordPressの運用を効率良くするのにプラグイン「拡張機能」は欠かせません。

ですが、多種多様なので「どれを入れたらいいの?」と迷ってしまいます(^_^;)

 

なので、僕が実際にWordpressの構築代行の依頼を受けた時に、

必ず入れるプラグインの一部と、その概要をご紹介しておきます。

 

・All In One SEO Pack

SEO(検索エンジン最適化)の補助として一番有名なプラグインで、

「何も言わず、とりあえず入れとけ」ってレベル。

SEOで大事なのは記事の中身なので、あくまでも「補助」ですw

他にも…

・Googleウェブマスターツールの登録(検索エンジン表示されるためにブログを登録する)

・Google Analyticsへの登録(無料で高機能なアクセス解析)

・サイトマップの自動作成(Googleウェブマスターツールに送るブログの全体図)

が簡単にできるプラグインとなっています。

 

・Akismet

これはスパムコメント(宣伝URLだらけのコメント)を事前にシャットアウトしてくれる、

アメブロのコメント承認制みたいなプラグインです。

アメブロの宣伝コメントにうんざり!スパムを完全に防ぐ4つの対策

 

・Jetpack

SNSとの連携、テーマの簡易カスタマイズ、アクセス解析など、

いろんな機能が一つのプラグインに入っている万能プラグインです。

 

・PS Disable Auto Formatting

WordPressは行間を空けても勝手に埋められて、読みにくい文章になってしまいます。

 

海外発祥のWordpress(もともと英語)ではそのような文化がないから仕方ないのですが、

日本人には読みにくいので、勝手に行間を埋めないようにするプラグインです。

 

・TinyMCE Advanced

投稿画面のボタン(フォントサイズや太字、下線など)を追加できるプラグインです。

メニューバーから探すよりも、ボタンを追加した方が効率が良いので使っています。

 

・Black Studio TinyMCE Widget

TinyMCE Advancedのビジュアルエディター(アメブロでいうと新エディタ)を

ウィジェットでも使うことができるようになります。

 

基本的にウィジェットのテキスト欄はHTMLタグの手打ち(コピペ)になるので、

HTMLの知識がなくても、直感的にテキスト欄を作成することができます。

 

・WordPress Ping Optimizer

こちらの記事にも書いたPingの送信に関するWordpressのプラグインです。

アメブロでなかなかアクセスアップ出来ないときの7つの工夫

 

一括送信はもちろん、送信結果のログも残るので有効な送信先の判別にも使えます。

 

・PubSubHubbub

検索で表示されるには、Googleにインデックス(登録)される必要があるのですが、

今書いた記事はすぐにインデックスされるわけではないんですね。

このプラグインではインデックスされるのが早くなる効果があるので使っています。

 

・Revision Control

WordPressには自動下書き保存(リビジョン)という機能があるのですが、

この記事みたいに長くなると、下書きのデータで容量を圧迫してしまう場合があります。

 

その保存回数を制限することでデータ容量の圧迫を回避できるプラグインです。

 

・Contact Form 7

カスタマイズで自分に合わせたお問い合わせフォームを作ることができるプラグインです。

これを使うと外部サービスに頼らなくてもフォームを作ることができます。

 

・EWWW Image Optimizer

どうしても大きくなる画像データを、画質をなるべく落とさずに圧縮(容量を小さくする)してくれる

便利なプラグインです。

 

デメリットとして、アップロードした時にそのまま圧縮作業をするので、

アップロードに若干時間が掛かります。

 

・WP Social Bookmarking Light

テーマによっては標準装備されているSNSボタンを表示するプラグインです。

Facebook・twitter・Google+・LINE・Pocketなどのボタンをつけることができます。

 

・Broken Link Checker

ブログ内のリンク切れを監視してくれるプラグインです。

 

リンク切れはSEOには関係しませんが、訪問者の使い勝手が悪くなります…

ページを開いて404(ページ無し)だったらがっかりしますよね(^_^;)

 

リンク切れを発見したら管理画面で教えてくれて、リンクを外すこともできます。

 

・Multi Plugin Installer

このプラグインは「プラグインをまとめてインストールするプラグイン」です。

 

地味に時間がかかるプラグインのインストールですが、

このプラグインを使うとめちゃくちゃ捗りますw

【Web制作事業者向け】「Multi Plugin Installer」でプラグインを一括でインストール!

 

プラグインについては異常になり、あとはテーマに応じて追加している感じです。

 

セキュリティに関する対策

世界中に利用者の多いWordpressですが、当然世界中の変な人に狙われるリスクも多いです。

 

プルートフォースアタック

代表的なのが「プルートフォースアタック」といって、管理画面に何百回もアクセスを仕掛けてくることで、

手当たり次第IDとパスワードを入れていくんですね(^_^;)

 

その何百回の中で当てられてしまうと管理画面の中にアクセスされて、何をされるかわかりません。

ほんと気持ち悪いですよねw

 

その対策をいくつか挙げておきますね^^

 

・サーバー選び

まずは、Wordpressを格納するサーバーをセキュリティの高いところにしましょう^^

 

例えば安価なサーバーで有名な「ロリポップ」は月額300円ぐらいからWordpressが使えます。

ですが、動作が重いのならまだしも、たまにハッキングされています。

大元に侵入されるので、いくらWordpress内でセキュリティをしっかりさせても、

まったく意味がないんですね(^_^;)

 

その点、僕だけでなく多数の方がオススメしている「Xサーバー」は、

海外からの管理画面へのアクセスはシャットアウトしてくれます。

 

キツすぎてAndroidスマホ(台湾製)のChromeからアクセスできませんでしたw

 

そういったハッカーの大半は海外からなので、かなり有効なセキュリティになります。

 

・Limit Login Attempts

これはログイン時に設定回数以上パスワードなどを間違えると、

しばらくアクセスができなくなるプラグインです。

 

ですが、自分が失敗してもしばらく入れなくなるので注意してください(^_^;)

 

スパムコメント

アメブロにおいては「ブログを見にきてください」で済みますが、

WordPressの場合は露骨にURLを貼りまくってきますw

 

それを回避するのにAkismetというプラグインを有効にすると、

自動で回避してくれて、アメブロのコメント承認制に近い感じになります。

 

 

あとは、Facebookのコメント機能を利用する方法もあるのですが、

原則実名のFacebookにログインしないとコメントをつけられないので、

そういったスパムコメントを激減させることが可能になります。

 

WordPressのアップデート

パソコンと同じように、Wordpressもアップデートすることで、セキュリティは向上します。

 

セキュリティを高めるためには、Wordpressの本体同様、プラグインのアップデートもあるので、

  • できればすべて最新式の状態にする。
  • アップデートの通知があればアップデートする。

少し面倒ですが、数クリックでできるのでできるだけ最新式にしておきましょう^^

 

 

まとめ

今回は「Wordpressのデメリットとその対策」についてお話ししましたが、

不安に思っているところは解決できるということがあなたに伝われば、

この記事を書いた僕もうれしくなります^^

 

「さっぱりわからないけどWordpressをしたい!」って人のために、

こんなサービスも提供しています。

designwors-header2

 

あなたはブログを書く&ページの中身を書くだけの状態まではこちらで行いますので、

ぜひ検討してみてくださいね^^

 

もちろんサポートもおまかせください!

この記事を書いた人

石上 貴哉
石上 貴哉Gammy Design Works代表
Webデザイン事業「Gammy Design Works」代表。
主にWordpressの構築や、ヘッダー画像などのWebデザインを行っています。
クライアントの魅力を引き出すデザインを心がけています^^

趣味はパソコン(Mac)読書(心屋仁之助)ギター(洋楽HR/HM、嵐)
車(スバル車)などです。

お気軽にFacebookやtwitterで絡んでくださいね^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


Posted in Wordpress, ブログ and tagged , , .