【Mac vs Windows】コーディング作業の効率を比べてみた。

どうも、Gammy Design Worksの石上です。

 

WordPressの微調整やカスタマイズをするのにテキストエディタを使って、

コードの編集を行うのが一般的です。

(まあ、Wordpressは管理画面から直接編集することもできますが…)

 

ちなみにテキストエディタとは、多機能なメモ帳みたいなツールで、

WindowsもMacも様々な種類のテキストエディタがあります。

もし興味があれば検索してみてください^ ^

 

 

今回の趣旨

こういったコードの作成・編集作業を「コーディング」と呼んでいるのですが、

(僕の場合は)そのコーディングが

 

「WindowsとMacではどっちが効率良いの!?」

 

ということについて、勝手に検証してみました。

 

正確には以下の定義がされていますね。

プログラミング言語を用いて、コンピュータが処理可能な形式のプログラム(ソースコード)を記述すること。プログラミングの一工程で、仕様書や設計書など人間向けに書かれた文書などを元に(あるいは、頭の中で考えたアルゴリズムや構想などを元に)、それをコンピュータが解釈可能なコードとして記述していく作業のことを指す。プログラミングの同義とする場合もある。

IT用語辞典 e-Wordsより

 

もちろん、個人的なOSの使用歴やツールの違いがあるので、

公平な比較ではありませんし、思いっきり主観が入ります。

そして僕自身はWindowsも使うけど、Mac推しです( ̄▽ ̄)

 

結論を言うと無料ツールではMacの勝ちですw

 

「無料ツールでは」…ね。

 

比較対象

Windows

  • 使用歴  15年。
  • テキストエディタ  「Terapad」
  • FTP(ファイル転送ツール)   「FFFTP」

 

Mac OSX

  • 使用歴1年5ヶ月
  • テキストエディタ 「mi」
  • FTP(ファイル転送ツール)「Filezilla」

 

どれもコーディングするならお勧めできる無料ツールですが、

これを見て「?」と思ったあなたはおそらく僕よりMac歴が長いか、

かなりお調べになっているかと思われます。

 

それはさておき、お話を進めていきますね。

 

 

Windowsの場合

基本的にWindowsの場合は、

  1. FFFTPでファイルをダウンロード。
  2. Terapadで編集→保存。
  3. FFFTPでファイルをアップロード。

という流れになりますが、FFFTPの設定を変えることで、

ダイレクトにTerapadでファイルを開かせることができ、

作業時間をショートカットすることができます。

(設定方法は割愛しますねw)

 

この二つのツールを使った、

王道的なコーディングの流れはこのような感じですね。

 

ただし、ドラッグ&ドロップでミスをした時…

例えば違うディレクトリ(フォルダ)に入れてしまった時は焦りますw

 

 

Macの場合

MacもWindowsと同じようなコーディングの流れになります。

  1. Filezillaでファイルをダウンロード。
  2. mi で編集→保存。
  3. Filezillaでファイルをアップロード。

 

ここでMacのテキストエディタ「mi」の良いところですが、

ぶっちゃけ「Filezilla」は必要ありません。

 

なぜなら…

 

この「mi」はサーバー設定をすることで、

サーバー上のファイルを直接編集できるんです。

(設定方法は割愛しますねw)

  1. 「mi」でサーバーに接続してファイルを編集→保存。

 

これだけで、ブラウザのページ再読み込みでWordpressの確認ができます。

ただし、直接編集することになるので、バックアップ必ず取っておきましょう^^

 

一度パソコン内に別名で保存しておけば、好きなようにいじることができるので、

MacでWordpressをカスタマイズしたい場合は、一度試してみてください。

 

これこそが、僕がMacに軍配を上げた理由になります。

これはほんの些細なことですが、

そういうのが「使い勝手の良さ」というところになり、

それの積み重ねが14年の使用歴を覆したMacの魅力になるのかな?と思います。

 

 

まとめ

作業に集中するための環境は大事です。

 

WordPressでも、ビジュアルモードのボタンを拡張したり、

よく使うHTMLタグを登録したりして、効率良く記事を書けるようにしますよね?

 

効率を上げるのに、こうやって無料ツールを上手く使っていくのも良いですし、

エディターとFTPが一緒に入っている有料ソフトを使うという手もあります。

 

例えば、AdobeのDreamWeaver というツールですが、

Adobe Criative Cloud(通称Adobe CC)に変わったことで、

Adobeの全てのツールが、月額5000円(年払い)で使うことができます。

以前は30万〜40万円していたものが全て使えるようになっているんですね。

 

ただし、5年以上使うと損する計算になってしまいますw

Adobe Creative Cloud 3か月版 [ダウンロードカード]

新品価格
¥16,135から
(2015/4/13 23:26時点)

このようにプリペイド方式にもなっているので、

必要な時に購入する形でも良いんじゃないかな?と思います。

1ヶ月の体験期間もありますので、まずは使ってみることをお勧めします。

ちなみに、僕はこのPhotoshopのプランを使っていますが、

1つのライセンスでWinとMac1台ずつにインストールできます。

(ただし、同時に使うことはできません)

Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン(Photoshop Lightroom) 12か月版 Windows/Mac対応 [オンラインコード]

新品価格
¥11,685から
(2015/4/13 23:41時点)


他には、昔お世話になった「ホームページビルダー」。

これもエディタとFTPがセットになっており、

最近のバージョンではWordpressも扱えるそうです。

ホームページ・ビルダー19 バリューパック 通常版

新品価格
¥13,019から
(2015/4/13 23:28時点)

このツールはホームページを作成する敷居をものすごく下げてくれるツールなので、

これから始めてみようと思っている人にはお勧めです^^

 

これを言うと元も子もないけど、

1から作るのではなく、カスタマイズから入るのであれば、

WinとMacの両方で使えるDream Weaverを使って環境を揃えるのが、一番効率が良いかな?

 

またMacとWinで比較的そうなツールがあれば記事にしようと思います。

 

今回はこの辺で!

この記事を書いた人

石上 貴哉
石上 貴哉Gammy Design Works代表
Webデザイン事業「Gammy Design Works」代表。
主にWordpressの構築や、ヘッダー画像などのWebデザインを行っています。
クライアントの魅力を引き出すデザインを心がけています^^

趣味はパソコン(Mac)読書(心屋仁之助)ギター(洋楽HR/HM、嵐)
車(スバル車)などです。

お気軽にFacebookやtwitterで絡んでくださいね^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


Posted in ブログ, 効率化.