Google Analyticsの「カスタムレポート」を使い、「時間別レポート」を作成する

 

どうも、Gammy Design Works代表の石上です。

 

 

Google Analytics」の機能の中に「カスタムレポート」という機能があります。

その中に、指定した期間の「時間別のレポート」を見る事ができるんです^^

 

さらに込み入った使い方は…今は割愛しますw

 

早速「Google Analytics」での設定を説明していきますね^^

Screenshot at 3月 21 22-10-46

まず、デフォルトのレポートで時間別というタブをクリックすると、

こんなグラフが表示されます。

 

これだと、期間内のはじめから終わりまでを、 そのまま表示しているので、

見づらいったらありゃしないw

今回は時間別データの集計が目的なので、 折れ線グラフより数字(表)で確認したいですよね^^

(まあ円グラフでも良いですけどw)

Screenshot at 3月 21 22-16-03

レポート内の「カスタム」と書かれたタブをクリックしてから、

「新しいカスタムレポート」をクリックすると、こんなページになります。

 

まず始めにレポートの名前を入力してください。

後で何のレポートか分からなくなりますからねw

 

その後に、青い「+指標を追加」をクリックして、

自分が知りたいデータをプルダウンメニューから選びます。

 

Screenshot at 3月 21 22-17-04

 

まずは、ユーザー数を指標に追加するので、

プルダウンメニューで「ユーザー」→「ユーザー数」の順にクリックします。

 

「ユーザー数」は二つありますが、より詳しいデータが見たいなら、

下側(同じユーザーは1人としてカウント)を選んでください。

Screenshot at 3月 21 22-17-57

選択すると、青いところに表示されるので…

Screenshot at 3月 21 22-19-22

 

同じ要領でいくつか選択します。

僕は、「ユーザー数」「ページビュー」「直帰率」「滞在時間」 「新規訪問の割合」を入れてみました。

 

そのうちまた変えますw

Screenshot at 3月 21 22-20-23

次に、「ディメンジョン」を設定します。 「ディメンジョンを追加」→「時刻」の順にクリックします。

 

Screenshot at 3月 21 22-21-01

そして「時刻」のドロップダウンメニューの中に「時」という項目があるので、

それを選択して、「保存」します。

 

これで、時間別のレポートが完成しますので、 「カスタム」から作成したレポートを選んでください。

Screenshot-at-3月-21-22-25-49 こんな感じで、時間別でアクセスの多い時間帯が、 表となって見る事ができます^^

上の方にはグラフもあります。

 

これを見る限り、23時のアクセスが一番多いと言う事になります。

 

期間によって変わるのと、 前の記事のデータ(ブログを投稿していない日)から一日ずつピックアップして、

それらを合計したデータも集計する事ができます。

(ちなみに今回はブログを開始したあたりから現在までのデータですw)

 

他にも様々な使い方がある「Google Analytics」ですが、

また面白い使い方がわかったらシェアしていこうと思います^^

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

この記事を書いた人

石上 貴哉
石上 貴哉Gammy Design Works代表
Webデザイン事業「Gammy Design Works」代表。
主にWordpressの構築や、ヘッダー画像などのWebデザインを行っています。
クライアントの魅力を引き出すデザインを心がけています^^

趣味はパソコン(Mac)読書(心屋仁之助)ギター(洋楽HR/HM、嵐)
車(スバル車)などです。

お気軽にFacebookやtwitterで絡んでくださいね^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


Posted in Wordpress, ブログ and tagged , .